ノルレボ

 

望まない妊娠をするとその後の天命がものすごく変わります。

 

避妊に失敗した目標が女房で結婚する予定だったので早まっただけの事であれば何も支障はありませんが、出来れば計画的に妊娠したいですよね。

 

避妊のためにコンドームを着けていても飛びて思わず失敗してしまった時のために対応ピルは有効です。

 

ノルレボは望まない妊娠をしないためのエマージェンシー的に服用する避妊薬だ。

 

そうしてノルレボは日本ではじめて認可された対応ピルとして知名度のおっきい薬だ。

 

万が一のために保険として対応ピルを購入する者が増えています。

 

ノルレボは主成分レボノルゲストレル1.5mg含有で性交一時72時間に服用します。

 

終日以内の飲用で95百分比の避妊成功率があります。

 

時間が経過してしまうと段々避妊効能が弱まるので要注意です。

 

望まない妊娠をした場合ノルレボを常備薬として置いておくと安穏出来ます。

 

ノルレボの反発

 

反発があるのかはいかなる薬を飲み込むのも気になるものです。
通販のように相談でドクターにレシピされないお薬なのでなおさら。

 

反発の主な事象は嘔吐、腹部の痛み、膨らみ、疲れ、むくみなど
ですがノルレボの反発は一時的な産物なので安心して下さい。

 

ノルレボのコスト

 

ノルレボは通販で購入するのは2000〜3000円のお値段だ。

 

仮に産婦人科で受診するとなると15000円〜20000円加わるのでお薬だけほしいならば通販で購入したほうがどんどん安いです。

 

20000円支払うのなら約10回分のノルレボが購入出来る事になりますね。

 

ノルレボよりもノルレボのジェネリックのアイピルの方がコストは安いです。

 

アイピルもノルレボと同じ原材料ですので効能も一緒です。

 

断じてジェネリックはお断りという者にはノルレボがいいと思いますが、気にならないのならアイピルがおすすめです。

 

>アイピルはこいつ

 

ノルレボ飲用で注意するべき案件

 

妊娠中ならばノルレボを服用するのはおやめ下さい。

 

またノルレボはエマージェンシーの時だけ飲用なので絶えず性行為する度に飲んではいけません。

 

ノルレボは産婦人科で処方される薬だ。
ジェネリックよりもノルレボがよろしいというヤツは必ず〜

 

>ノルレボはこいつ